【2019/12/11】GBPUSDのゆくえについて

はいどうも!亀鉄です!

ここ最近、
ノーベル化学賞受賞の吉野さんのニュースがよく取り上げられていますね。

僕は個人的に吉野さんの笑顔が好きです^ー^
すごく優しい雰囲気を持っておられますよね。

さて今日はGBPUSDについて解説します。

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

GBPUSD

GBPUSDはポジションをまだ持っていますが、
利確にも良いであろう位置がレジスタンスになっていますね。

・日足

直近は1.31629に引かれたフィボナッチのラインを実体では超えられず、
抑えられていますね。

このあとですが、4時間足を見てみましょう。

・4時間足

ざっくり見ると画像に示したようなシナリオが考えられますが、
調整期間に入るとしたら、一番いけないシナリオは…

ずばり、大きな急落です。
「調整かと思ったらトレンドが終わる」という展開はよくないですからね。

もしくは次に高値を超えてきたら安値へのストップロスの移動も検討します。

 

ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!