チャネルラインは押し目や戻りだけではありません(2020/03/24)

はいどうも!亀鉄です!

今回はチャネルラインについてお話します。

トレンドの押し目や戻り、いわゆるフラッグを認識するためだけに使うものと思っている方も多いですが、

そんなことはありません。

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

USDJPYを例に

まずは現在のUSDJPYの4時間足を見てみましょう。

・4時間足

チャネルラインの中で推移していますが、
すでに「下落後の戻り」とは言えない状況です。

このように、チャネルラインは必ずしも押し目や戻りを認識するものではありません。

チャネルラインでの分析手法では、
「基本的にその中でその方向へ動く」という形で考える必要があります。

上記のUSDJPY4時間足で言えば、
次に下落してきて別のチャネルラインにならない限りは、
「基本的に上昇する方向で見ていく」というのがセオリーです。

こんなイメージですね↓

この後の展開も見守っていきましょう。
ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!