【2019/01/08】なぜ1200EMAを使うの??

はいどうも!亀鉄です!

今日は以前からよく頂くご質問の1つである、
「なぜ亀鉄さんは1200EMAを使うの?」
という疑問にお答えします。

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

1200EMAとは?

まず、1200EMAが各時間足にてどのような時間を表すのか、
ということを考えていきます。

日足での1200EMA=1200日分

4時間足での1200EMA=4800時間(=200日分)

1時間足での1200EMA=1200時間(=50日分)

30分足での1200EMA=600時間(=25日分)

15分足での1200EMA=300時間(=12.5日分)

5分足での1200EMA=100時間

という具合です。

 

このうち、赤文字で示した部分については、
移動平均線でよく使われる数値であるとわかります。

つまり、1時間足での1200EMAというのは、
日足の50EMAとほぼ同じということになるわけですね。

だから止まりやすいのではないか、と。

これが根拠の1つです。

 

なぜ1200EMAを使うのか?

上記のような時間的な根拠がある上で、
改めて「なぜ使うのか?」と聞かれれば、
まずは「最初の師匠が教えてくれたから」というシンプルな理由です。

続いて、
「使っていたら重要なポイントになると感じたから」です。

 

これはどのインジケータでも同じなのですが、
自分自身が「使える」と感じたらそれで良いと思っています。

もちろん、最低限の数値的な根拠の理解は必要でしょう。

 

逆にご自身にも聞いてみてください。

「なぜそのインジケータを使うんですか??」と^^

ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!