【2019/08/14】プロフィットファクターを計算してみよう

はいどうも!亀鉄です!

今日は手法を判断する上で重要な
「プロフィットファクター」について、
できるだけわかりやすく説明したいと思います。

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

プロフィットファクターとは?

Image by Gerd Altmann from Pixabay

いきなり横文字の用語ですから、
アレルギー反応を出す方もいらっしゃると思います(笑)

簡単に言えば、
「損失に対して利益がどれくらい出ているのか?」
を数値化したものです。

例えば全トレードの中で、
勝ちトレードの合計(総利益)が100万円あり、
負けトレードの合計(総損失)が50万円だった場合、
50万円の損失に対して100万円の利益が出ているので、
50万円を1としたら、2倍の利益が出ていますよね?

このという数字がプロフィットファクターに当たります。

要は「総損失の何倍の利益が出ているか」ということです。

 

式で言えば、
総利益÷総損失=プロフィットファクター
です。

 

例えば逆に、ある期間の全トレードで、
総利益が100万円で総損失が150万円だったとすると
プロフィットファクターは…

100万円÷150万円=約0.66

ということになります。

 

では総利益も総損失もどちらも100万円だったら…?
トレードの損益としてはプラマイ0ですよね?
100万円勝って100万円負けているわけですから。

ではプロフィットファクターはどうでしょうか?

100万円÷100万円=1.0

 

お気づきでしょうか?

プロフィットファクターが1.0未満になるということは、
その手法では負け越しているということを表し、
数値が1.0よりも高ければ、利益が出ているということです。

 

ですから当然、我々トレーダーは、
プロフィットファクターを1.0より高くしなければいけませんね。

あなたのトレード成績ではいかがでしょうか??

ぜひ一度計算してみてください。

MT4では口座履歴から簡単に出力することもできますけどね^^;

 

 

ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!