【2019/11/08】途中決済すべきか、利確or損切りまで待つか

はいどうも!亀鉄です!

今回は、最近いただいたご相談について共有したいと思います。

まさにタイトル通りですね^ー^

ポジション保有中に、
途中で決済する
・利確と損切りどちらかに到達するのを待つ
どちらを選ぶか?という問題です。

 

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

 

ポジション保有中の葛藤

Image by Gerd Altmann from Pixabay

例えば、含み益状態のポジションを保有中にこんな感情になることはありませんか??

・(今の含み益を失いたくないから)そろそろ決済しようかな?

・損切りになったらどうしよう…

・負けないためにストップロスをエントリーレートにしておこうかな…

いかがでしょうか?

 

これは、本当にテンプレートとも言えるほど多くの人が感じることです。

人間は、

・利益を取り逃すこと

・損失を被ること

をとことん嫌う生き物です。

プロスペクト理論も参照してください。

 

では一体、どうするのが正解なのでしょうか??

 

ルールとメンタルの問題

まず大事なことは、

利確と損切りのルールが明確であるかどうか

という点です。

それが明確でなく、
例えば「サポレジで利確する」などということでもOKではあります。

ただし、このような「途中決済」をルールに入れるかどうかはメンタルに直結する重要なポイントです。

仮に利確と損切りのルールが明確だとしても、
トレード中にメンタルが崩れて途中決済してしまうほど、
人間はもろいです。

ですから「途中決済OK」という状態だとなおさら、
いざというときに弱さが出て、すぐに決済してしまいます。

その場の安心感を買ったおかげで、
トータルでは負け越してしまうんで
す。

 

ここでまとめになりますが、僕のおすすめは、
利確と損切りのルールを明確にし、まずはそれを守り続けること
です。

そうすれば、悪い結果だとしても、
それはほぼメンタルではなくテクニカルな部分で修正できます。

一方、その場その場で判断するトレードでは、
メンタルによって大きく結果が変わるので、
「テクニカル+メンタル」という両方のケアがより重要になります。

ですからまずはテクニカルでルールを決めて、
機械的にやってみるのがおすすめです♪

あなたもトレードルールについて、改めて考えてみてくださいね!

ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!