フィボがあればこんなに遅くても利益になる?(2020/12/04)

はいどうも!亀鉄です!

今週の一連のEURUSDの動きの中で、
後半の上昇における1つのトレードをご紹介します。

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

EURUSD

1時間足で見てみましょう。

・1時間足

こんな位置でエントリーしていても利益になっている1つの理由には、
やはり今週ずっと言っていた「フィボナッチ」があります。

フィボナッチを日足の押し目の高値と安値に引き、
高値から38.2%上に伸ばした位置が利確目安となっていました。

そして今回の上昇は個人的には38.2%まで行きやすいと判断していたからこそ、こんなに遅くても買いを狙う判断ができたということになります。

リスク管理はもちろん大前提ですが、
「(決して値ごろ感ではなく)上がりそうなら買う、下がりそうなら売る」というシンプルな判断もありということです。

是非参考にしてみてください。
 

ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!