ロット


 

 

【解説】

「ロット」という単語は聞き慣れない方も多いでしょう。

でも意味はとても簡単です。

1ダース、2ダース…のダースと同様の考え方です。

FXで取引するのは「通貨」ですから、
その一定量のことを「1ロット、2ロット…」などと呼びます。

FXでは通常、「ドルを買いたい」と思っても、
「5ドルだけ買いたい」などということができません。

今ではかなり低い金額でも取引できるので、
5ドルだけの取引もできるところはあるかもしれません。

しかし通常は、
「1,000ドルから」などと基準があります。

この単位を「ロット」で表しているのです。

 

これは「1ロットとは1万通貨です」などと
証券会社が基準を設けています。

普通は1ロット=1万通貨か、
1ロット=10万通貨のどちらかであることが多いです。

 

最後にこの「通貨」という単位についてです。

FXの通貨ペアは
USDJPYなどと表記されていますが、
この表記の左側の通貨
ここではUSDが基準になります。

EURUSD(ユーロドル)という通貨ペアでは
EURが基準になります。

そして「1万通貨」という場合、
USDJPYなら1万米ドルのことで、
EURUSDなら1万ユーロのことです。

 

つまり「USDJPYで1ロット買いたい」という場合は、
1ロットが1万通貨の証券会社なら、
「1万米ドルを買いたい」という意味になるわけです。

 

 

聞き慣れない用語なので
ちょっと難しかったかもしれませんが、
やりながら徐々に慣れていけば良いと思います。

 

ロットの説明は以上です。お疲れ様でした!

 

 

学習が完了したら、1日1回で構いませんので、
以下の黒板マークをクリックして当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

それでは引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

無料FXマニュアル プレゼント中です!