pips(ピプス)

 

 

【解説】

FX用語の中でも、
pips(ピプス)は本当に聞き慣れない言葉だと思います。

簡単に言えば、
長さを測るメートルなどの基準や、
重さを量るグラムなどと同じです。
レートの変動を表す基準がpipsです

長さを測るのに、
今では普通にメートルなどと言っていますが、
もしその基準がなかったら…?

そう考えると、基準があるおかげで我々は
共通の認識ができていますよね。

 

pipsについてもそれは同じです。

1pipとは…
・JPY(円)が絡む通貨ペアでの0.01円の動きのこと
・その他では0.0001の動きのこと
です。

例えばUSDJPYという通貨ペアで、
100.00円→100.05円へのレート変動は、
0.05円動いているから、「5pips動いた」と言います。
正確には「5pips上昇した」ですね。

ここで仮に1万通貨注文していたとしたら…
100.00円で買っているとすると、
100.05円への動きは+5pipsですが、
これは
500円の利益になります。

 

ちなみに…
「1万通貨の注文では、1pip毎に100円ずつ損益が変化する」

と覚えておくと後々便利ですよ^^

10万通貨なら、1pips毎に1,000円ずつ変化します。

 

それでは今回もお疲れ様でした!

 

 

学習が完了したら、1日1回で構いませんので、
以下の黒板マークをクリックして当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

それでは引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

無料FXマニュアル プレゼント中です!