ローソク足について


 

 

【解説】

ローソク足については、
セクション1の時間足とローソク足の通り、
チャートの表示方法のことです。

その上で、今後FXを実践していく上で、
ローソク足から読み取れる情報を理解しなくては、
利益を上げ続けるトレーダーになるのは
ほぼ不可能とも言えるでしょう。

そこで、難しいことは置いといて、
ここではまず基本的な事を解説します。

 

陽線と陰線

ローソク足には陽線と陰線というのがあり、
それぞれ以下のような意味です。

陽線…上昇したローソク足
陰線…下落したローソク足

簡単ですね。

 

四本値

次に、ローソク足には四本値(よんほんね)という、
4種類の価格情報が含まれています。

始値(はじめね)…ローソク足が始まった時の価格
高値(たかね)…ローソク足が付けた最も高い価格
安値(やすね)…ローソク足が付けた最も安い価格
終値(おわりね)…ローソク足が終わった時の価格

文章ではわかりづらいですから、
画像を用意しました。

 

実際にチャートを見てみると、
より理解が深まりますよ^^

1分足などでローソク足が作られていく様子を
少し観察してみてください。

それではお疲れ様でした!

 
 

次は【コース1】最後のセクション3です。
いよいよトレードデビューをするための準備です♪

 
 

学習が完了したら、1日1回で構いませんので、
以下の黒板マークをクリックして当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

それでは引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

無料FXマニュアル プレゼント中です!