【2018/07/04】雇用統計でのトレードの是非について

動画

補足解説

今日も応援クリックよろしくお願いします(^^♪

動画では説明漏れしましたが、
雇用統計時のトレード時には、
スプレッドの開きによる早めの約定の他にも、
「注文がすべる」ということが起こります。

「注文していたレートで注文が入らない」
ということです。

これは証券会社も予め言っているので、
もちろんクレームを言ってもお金を返してもらうことはできません😅

 

一応、今週の雇用統計の時には、
相場の動きを撮影しておこうかと思っています😁

 

最後にEURUSDのブレイクポイントだけ載せておきますね。

画像は15分足です。

ではでは今日はこの辺で!

もしよければ【1日1回】以下の黒板マークをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

それでは引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

無料FXマニュアル プレゼント中です!