USDが高いのに…?(2020/06/05)

はいどうも!亀鉄です!

今回は通貨の強弱、特にUSDやJPYに関するお話をしようと思います。

なぜどの通貨が強い・弱いなどがわかるのか、
という部分も多少参考にしてもらえるかと思います。

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

通貨の強弱

では、まずいくつかの通貨ペアのチャートを一覧にしましたので、
そちらから見てください。

・通貨ペア

AUDUSD、EURUSD、GBPUSD、NZDUSD
GBPJPY、EURJPY、USDJPY

という通貨ペアです。

直近ではすべての通貨ペアで上昇が見られますよね?

 

例えばAUDUSDが上がることは「USD安」を表していますが、
なぜかUSDJPYは下がっておらず、上昇しているわけです。

 

それはどういうことなのか?こちらをご覧ください。

 

・強弱

こういうことです…と言われてもわからない方も多いですよね(笑)

今は以下の状態です。

・AUDUSDなどが上昇→AUDなどが高、USD安

・USDCHFやUSDCADは下落→USD安

 

「でもUSDJPYは上昇だから、やっぱりUSD高??」

となるわけですが、ここでGBPJPYやEURJPYを見ても、
USDJPYと同様に上昇しているわけです。

ということは、USD高というよりは、JPY安ということがわかります。

 

つまり、現況がどういう状態なのかと言うと…

USDも弱いが、JPYのほうが弱い

ということです。

 

1通貨ペアだけで強弱を判断するのは危険ですね(笑)

 

 

ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!