NZDUSDのトレード(2020/10/07)

はいどうも!亀鉄です!

今回は先週から持っていたNZDUSDのポジションについて解説しようと思います。

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

NZDUSD

まず、エントリー当時の画像を見ていただきましょう。

・4時間足(エントリー時)

画像にラインが引いてありますが、当時はこのような形で上下の層に分かれていると判断していました。

そこで、200EMAやチャネルなどのレジスタンスあたりを損切りのポイントと考えつつ、売りを入れました。

 

その後もう1段階上昇してきたため、
レジスタンス付近でさらなる売りを入れました。

・2ポジション目

ただし、この時点でチャネルがきれいに機能している可能性があるので、
ここから無茶をすることはありません(チャネルが上向き=その中では上昇の流れ、だからです)

この時点から、
・チャネルを上にブレイクする
・次の下側へのタッチでブレイクせず、チャネル内で推移し始める(=また上昇し始める)

というどちらかでは必ず損切りする予定でした。

結果的にはフィボナッチの50%が割と強めのレジスタンスとなり、
このようになりました。

・結果

一番理想的な形で利確となりました。

この後はまた様子を見つつチャンスを伺いたいと思います。

以上が先週から続いていたNZDUSDのトレードでしたがいかがでしょうか。

最近このサポレジを意識したナンピントレードをご紹介していますが、
ある程度解説する内容をまとめてからNew Leaf Forex Academyにて発表できればと思っています。

ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!