【ためコラ017】お前今、1000万あったらあんなマネするか?

はいどうも!亀鉄です!

今回は久々にためコラを書いてみようと思います^ー^

あの有名漫画から参考になる考え方をご紹介しますよ~。

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

外車へのいたずらをする主人公

もうタイトルでピンと来ている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そう、あの有名漫画とは『賭博黙示録カイジ』のことです。
僕はアニメ版が大好きで、何度も観てしまいます(笑)

主人公の伊藤開司(いとうかいじ)は、怠惰で自堕落な生活を送る青年です。

さてそのストーリー序盤、彼は日々のうっぷんを晴らすため、
日常的に近所の外車をパンクさせたり傷をつけたりしていました…
最低ですね(笑)

そんなある日、強面のサングラス男「遠藤」が突然家にやってきます。

要件は、昔のバイト仲間の古畑という男が残した借金。

古畑の保証人になってしまっていたカイジは、彼が姿をくらましたことで、
利息で膨れ上がった300万円ほどの借金を突然背負うことになります。

しかしそこへ救済措置を紹介する遠藤。
それは、ある船でのギャンブルに勝てば借金がチャラになるというものでした…

お前に今1000万あったら…

ギャンブルへの参加を迷うカイジに、遠藤は様々な話をするんですが、
その中の一節がすごくトレードにも活用できる考え方だと思っています。

遠藤「お前、外車にいたずらしてただろ?あれなんかその典型的なあらわれ。外車が欲しいのに、自分のものにしようと考えられない。はなっからあきらめ、ケチないたずらをして満足してる。お前今、1000万あったらあんなマネするか?しないだろ?

この最後の一文、とっても大事です。

 

余裕があれば…

ではFXに置き換えて考えてみましょう!

今のあなたのFX口座資金に対して、
100倍のお金を別に持っていると考えてください。
10万円の方なら、他に1000万円持っている状態です。

そんな資金に余裕がある状態でのトレードを想像してください。

どれほどメンタル的に安定しているか…

正直なところ負けても良いと思えるし、トレードもいい加減になりがちかもしれません。

でもそこはトレードルールで対応できます。
「ルールを守って負けるのは仕方がない」と思えることでしょう。

しかし余裕がない状態でのトレードは、メンタルをコントロールしないと成功できません。

なぜなら人間感情のままトレードを繰り返していると、必ず崩れるからです。

一度崩れたら、ルールも何もあったもんじゃありません。

大きく張ってうまくいったら歓喜、失敗したら落胆…
そんなトレードで成功できるはずがありませんよね?

ですからなるべくメンタルはフラットになるよう、
そもそも余裕資金でトレードすべきですし、
さらにメモや付箋なども使いながら自己のメンタルを戒めつつ、コントロールしていきましょう!

それでもダメなときは休めばいいんです。

無駄な損失を増やすよりよほどマシですから。

 

というわけで今回はためコラ第17弾をお届けしました!

是非参考にしてみてくださいね!

 

 

ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!