NZDUSDの現状とシナリオ(2021/01/27)

はいどうも!亀鉄です!

今日は朝早いですが、NZDUSDの分析をしていましたので、
その解説をしていきますね。

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

NZDUSD

まずは日足を見てみましょう。

・日足

現状このような分析になっています。

要するに「高値を超えるかどうか」ということなんですが、
今のまま高値を超えてくると、MACDがダイバージェンスになる可能性が高いです。

また、高値を超えられずに下落するパターンだと、
「チャネルラインを引けるようになるかどうか」という視点も出てきます。

横方向の三角持ち合いになる可能性もあるので、
もし日足で次の買いタイミングを待っている方は、
ひとまずこの直後の動きを見るのが得策かもしれませんね。

次に4時間足です。

・4時間足

4時間足では直近は上昇しています。

基本的に次のレジスタンスは画像のようにフィボナッチリトレースメントの78.6ですね。

高値を超えられずに下落するパターンだと、
この78.6がきっかけになって下げ始める場合も多いです。

ちなみに61.8~78.6までの幅は36pipsほどありますので、
買いを狙うなら、例えば1時間足~5分足程度の短期トレードで78.6までを狙うのはありかもしれませんね。

念の為1時間足(午前5時25分現在)を載せておきましょう。

・1時間足

ざっくりと画像のような動きが見られ、
現在は78.6までの約20pipsほどが狙えそうな値幅ではありますね。

トレードはしないにしても、展開は注目しておくと良いと思いますよ♪

 

ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!