【コース3】004:サポートとレジスタンス

動画

 

 

 

補足解説

サポートとレジスタンスは、
「サポレジ」や「レジサポ」などと略されます。

どうでもいいですが、僕は「サポレジ」と呼ぶ派です(笑)

この項目は、意味を理解するの簡単ですが、
実践的にマスターするまでは少し練習が必要です。

意味は、
サポート(支持)とレジスタンス(抵抗)
ですから簡単です。

図で基本的な意味は理解できると思います。

サポートとレジスタンス
サポートとレジスタンス

つまり、
高値または実体高値が上から抑えられるポイントを「レジスタンス」呼び、
安値または実体安値が下から支えられるポイントを「サポート」と呼びます。

このサポートとレジスタンスは、上図を見てもわかるように、
レジスタンスだった価格帯はその後サポートとして機能することが多いです。
もちろん逆(サポートだった価格帯がレジスタンスに)もあります。

 

実践的に言えば、チャートで見るとこんな場面が典型的ですね。

サポレジは水平線を用いて視覚化するのが一般的です。

また、今後説明する、
トレンドラインやチャネルラインなどの斜めのラインや、
移動平均線などのインジケータが、
サポレジとして機能することがありますので、
これも覚えておきましょう。

 

それではお疲れ様でした!

 

【次の講義へ】(セクション2へ)
移動平均線の使い方その1

 

学習が完了したら、1日1回で構いませんので、
以下の黒板マークをクリックして当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

それでは引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

無料FXマニュアル プレゼント中です!