【コース3】006:MACDの使い方

動画

 

 

 

補足解説

MACDとはそもそも、
Moving Average Convergence Divergenceの略で、
移動平均 収束拡散という意味です。

簡単に言えば、
短期EMAと長期EMAの差をグラフ化したものです。

何がわかるかと言うと、
同様に相場の勢いや強さを見るのに有効です。

しかし僕が推奨するMACDの使い方はたった1つです。

それは、ダイバージェンスです。

一言で言えば、
相場とMACDとの逆行現象のことです。

とりあえず図で見てみましょう

FX ダイバージェンス

FX ダイバージェンス2

MACDの山と相場の高値や安値はおおむね対応していますが、
これらの切り上げや切り下げについて、
互いに逆行している時が、ダイバージェンスです。

 

以上です!お疲れ様でした!

 

【次の講義へ】
→ストキャスティクスの使い方

 

学習が完了したら、1日1回で構いませんので、
以下の黒板マークをクリックして当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

それでは引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

無料FXマニュアル プレゼント中です!