【2019/03/14】もしUSDJPY112円付近で売るなら…?

はいどうも!亀鉄です!

今日は、時間足同士の関係に関するお話です。

読み進める前に、今日もポチッと応援クリックお願いします(^o^)

USDJPYの日足と1時間足

USDJPYは、昨日の解説で言っていたサポレジとしてみた場合、
112円に向かっているような形です。

・日足

よく「日本人は逆張り好き」と言われますが、
もしも「112円での反発狙いで売りたい」と思ったら、
どういう考え方をしますか?

112円に指値の売りを入れる、というのは簡単ですが、
もっと根拠が欲しいという場合には、
やっぱり時間足を落として分析するのがわかりやすいです。

例えば1時間足での反転を待つという方法です。

・1時間足

日足で112円に向かうということは、
1時間足では上昇トレンドです。

一例ですが、画像のようにヘッドアンドショルダーが出るとか、
ダウ理論的な転換が起こるとか、
そういう上昇トレンドの終了サインを待って
売りトレードをするのはありかもしれませんよね。

もちろん付け焼き刃ではダメなので、
トレードは検証をしてからにしてくださいね(笑)

 

ではでは今日は以上です^^
最後まで読んでくださりありがとうございます!

もしよければ以下のボタンをクリックして
当サイトを応援してくださるととても嬉しいです♪
詳細はこちら→ブログランキングとは?

無料FXマニュアル プレゼント中です!